あなたの大切なものは何ですか?
ペフのみんなで凧を空に飛ばしたこと
大橋優斗

ペフへはじめて行った日。やりたい事はないかと聞かれて、凧を空へ飛ばしたいと言った。

ペフに置いてあったものを使って、設計図なんて調べずにそれぞれが思いのままに凧を作った。

偶然にもその日、空に扉が浮かんでいる夢をみた。だから扉の形をした凧を作って空に飛ばせばきっと同じものが見れるかもしれないと思った。それがきっかけだった。

出来上がった凧を持って川の方へ向かった。凧を飛ばすためにみんな一生懸命に走っていた。風が吹くタイミングを見計らって。何度も、何度も。

僕たちが作った凧は上手に空へ飛ぶことはなかった。

けれど凧を空に飛ばそうとした、その一連の過程が大切なものとなって僕の記憶に残っている。